北海道でもおいしいコーヒー屋さんがあった!本格珈琲店体験

長年東京で暮らしていましたが、出産を期に北海道の地元にUターン移住しました。東京で生活していた時はどこに行っても身近でコーヒーが飲めるカフェがあったので、地元に帰りまさかコーヒー難民になるなんて思ってもいませんでした。

Uターンした先は北海道の田舎。昔ながらの喫茶店が数件あるものの、「カフェ」と呼べるようなお店は皆無でした。気晴らしにふらっとコーヒーを飲みに入れる場所がなく諦めて自宅のコーヒーメーカーで手っ取り早く気に入った豆でコーヒーをおとそうと思いましたが、豆の状態で販売しているお店もなく愕然としました。
仕方がないのでスーパーで豆を挽いた状態で売っている粉のコーヒーを飲んでしのぎましたが、やはり挽きたての豆でいれるコーヒーが飲みたいと思い、札幌などの都市部に行った時に飲んでいました。

自宅からはかなり遠いので頻繁に行けず、ネットで注文しようかなと思い始めた時に余市においしいコーヒー屋さんができたという情報を聞き、早速出かけてみました。
そのお店は余市のニッカウイスキーからほど近くにあるとてもオシャレなコーヒースタンドで、控えめな外観ですが中に入ってみるとこんなお店が余市にもできたなんて!と驚いてしまうほど雰囲気の良いお店です。都内のカフェと遜色ない雰囲気でした。

肝心のコーヒーはと言うと、好みを聞かれ、数種類のコーヒーを選んでくれてそこからまた一つ一つの味の特徴を教えてもらい選ばせてもらいました。私は酸味が無く苦味の強いコーヒーが好きなのでと伝えると手際よく選んでくれました。都内ではなんとなくカフェに入り、コーヒーの味の説明や雑談などもなく何となくコーヒーを選ぶ事がほとんどで、思えば「コーヒー専門店」のようなお店でちゃんと選んだコーヒーを飲んだ事がなかったなと思いました。

コーヒー専門店に通うほどコーヒー通でもないし、専門店に行っても店主が気難しそうでどこか避けていたように思います。
余市のお店、「shizuku」の店主はとても気さくで話しやすく、コーヒーの話も色々できましたがそれ以外の話題も豊富で話題に尽きることがなくついつい長居してしまいます。
オープンしてまだ年月は浅いそうですが、お客さんで溢れていて注文も行列になっている事もしばしば。オシャレなコーヒースタンドですがお客さんの層は様々で、ご近所風の方もいればドライブの途中で買いに来ている方など様々でした。
今やコンビニでもそこそこおいしいコーヒーが飲めますが、やはり挽きたて、入れたてのコーヒーの味は格別。
余市を通る際はいつもドライブのお供にshizukuのコーヒーを飲んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です