美味しいコーヒーに出逢う旅

自分でコーヒーを淹れるようになってから、5年以上が経ちました。
初めて「家でもこんなコーヒーが飲みたい!」と思ったのは、神奈川県を中心に展開しているコーヒーショップ『南蛮屋』との出逢いがきっかけでした。私の職場であるカフェの、アイスコーヒーの味が安定しないことに悩みながら街を歩いていたある日、偶然立ち寄ったコーヒー店が『南蛮屋』でした。私はそこで飲んだアイスコーヒーに「苦いのにコクがあって心地よい。何だこれは!」と衝撃を受けました。それ以降、フィルターやドリッパー、コーヒー用ポットなどをせっせと購入したり、スタッフの方に入れ方のポイントを聞いたりしながら、美味しいコーヒーを目指して自分なりに研究を重ねています。
『南蛮屋』のコーヒーは、炭火で焙煎した深いコクと濃厚な味わいのものが多く、濃い味が好きな私はすっかり『南蛮屋』のとりこになっていました。しかし最近、「美味しいコーヒー=コクと苦味」という私の好みを、揺るがすような出来事が起こりました。それは「シングルオリジンコーヒー」との出逢いです。
「世田谷パン祭り」というパンのイベントに行った際、パンのおともに選んだカフェラテを販売していたのが、シングルオリジンコーヒーを専門に扱う『NOZY COFFEE』でした。そのカフェラテはミルクの味がしっかりしているのに、コーヒーの深い味わいもちゃんと感じられました。そして私が何より感動したのが、カフェラテを飲み下した後も、コーヒーの香りが鼻や口の周辺に漂っていることでした。「この華やかな香りは何なんだ、これはすごい!」私は興奮して、思わず目を見開きました。
スタッフの方にお話を聞くと、「シングルオリジンコーヒーはお米でいうブランド米、例えばコシヒカリやあきたこまち、そのコーヒー版。」「豆を深煎りにすると焦げた状態に近くなってしまう。一般的な食べ物は焦げていない状態の方が美味しいので、コーヒーも焦げない程度のやや浅煎りに焙煎している」など、初めて知る内容がたくさんあり、改めてコーヒーの奥深さを知りました。
いつも飲んでいるコーヒーも充分美味しいですが、他にもまだまだ美味しいコーヒーがたくさんあると思うと、とてもわくわくします。いつもは自分でコーヒーを淹れていますが、時にはプロが淹れるところを間近で見たり、いつもと違う味や店にチャレンジしたりするのも大事なんだな、としみじみ感じた出逢いでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です