美味しい豆を探していますか?

日頃から美味しいコーヒー豆を探していますが、評判のお店といえど実際購入すると美味しくない場合が殆ど。
何故だろう、現実にはなかなか美味しいお店なんて見当たらないものです。

美味しいコーヒーと言えば、興味惹かれるものとしては、Panasonicの「The Roast」なんてのもあります。
この製品はなんと生豆からローストして入れる究極の装置。その価格は、なんと10万円!ありえない!
これではどんなに贅沢しようとしても、庶民にはとても買える値段ではありません。

ということで、結局は元に戻って、ささやかに出来る美味しい豆を売っているお店を探すしかない!
とまあこういう訳でいろんなお店をあちこち探しています。

そんな中、最近見つけた美味しい珈琲豆を売っているお店の名前は、「Novold Coffee Roasters(ノヴォルド・コーヒーロースターズ)」です。
どこにあるかというと、徳島県徳島市の沖洲って所にあります。

遠い?もちろん私も行けません。関東に住んでいるので行けるはずもありません。
とはいっても、今回の場所は帰省先の途中にあって、実はまったく行ってないお店の話でもありませんけどね。

そんなところまで行けないよ~という人には、通販も有るようです。
ブラジルコーヒーのホームページ(http://www.brazil-coffee.jp/)
もちろんこの通販では買ったことないので、その場合の味は保証しません。

本来は喫茶店などに業務用コーヒーを卸す会社なのですが、その会社が一般客に対して直接販売というではありませんか。
そんなことして、卸している喫茶業者に怒られないんだろうか?というような大人の事情の話はさておいて、このお店の珈琲豆は美味しいです。

このお店は不思議なお店です。何が不思議化というと、売る気が感じられない??
店内は究極的にシンプル構造で、椅子と机しかありません。本当にそこでコーヒーが飲めるのだけれども、これは試飲目的と考えた方が良さそうな状況です。
実際にいつ行っても、一組のお客様がいらっしゃるかどうか程度しか人がいません。飲みに来てもらう気はないと思います。ですから?お店は綺麗です。

と、お店の事はおいといて、卸の焙煎品を売っているので、とても新鮮なコーヒー豆なのが特徴です。
いろんなお店に行くと言いましたが、どこへいっても問題はいつ焙煎したのかが、どのお店も不明なところ。
そういえば、関東では、やなか珈琲店が焙煎してすぐ売ってくれましたよね。

焙煎してすぐって所は似てはいますが、この徳島ブラジルコーヒは(ってなんでヒーじゃないのだろう?)美味しくなければ喫茶店というプロ集団からすぐ文句が来ます。
ですから、当然のことながら品質も厳しいと思います。そこに焙煎そのものの違いを感じます。
「Novold Coffee Roasters」は、新鮮とは謳っていないのですが、焙煎した一部を店で売っているだけなので当然のことながら新鮮です。
コー ヒー豆は店舗奥の大きな焙煎機で炒っている様子。業務用なのであたりまえだけれどとても大きい。見るだけでもちょっと得した気分になれますよ。

コーヒー豆ってお店のカラーが有る様な気がします。たとえば、ちょっと苦い感じのするお店の豆は、香りが甘い目のコーヒー豆でもやっぱり苦いのです。
おそらく仕入れの産地や焙煎時間が絡んで、どうしてもお店のカラーが出てしまうのではないかと思います。

ここのコーヒーは無機質です。それは美味しいのか?と聞かれそうですが、先ほどのカラーの話でいうと色が無いです。
豆が美味しくなければ美味しくないでしょうし、豆が美味しければ美味しいでしょうという味です。
正直言って、ちゃんと美味しくなる様に適正に焙煎している気がします。
どの豆が美味しいといっても、コーヒーを嗜む人はみんな知っているともいますが、豆によって千差万別です。好みもみんな違います。
だから味まで詳細に言いませんが、お勧めです。
行く機会に恵まれた人は、是非そこで豆を買ってみると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です