静岡県の山奥の秘境カフェ

静岡県掛川市の山奥にある秘境カフェ、アンティークカフェロードと言うカフェに行ってきました。

実はアンティークカフェロードに行く過程で、カーナビの案内が途中で止まってしまい、最初は道に迷い断念せざるをえなくなってしまいまして、二度目のチャレンジでようやくアンティークカフェロードにたどり着くことができました。

カーナビだけに頼らずに、あらかじめグーグルマップで下調べしてからの二度目のトライでした。舗装された道路の脇道に入っていくのですが、その道がかなり険しく、車一台分の幅で運転に慣れている人でもちょっとこわい道でした。

対向車が来たらどうしようと思いながら、無事にたどり着くことができました。アンティークカフェロードは、元々は牛舎として使っていたところを店主が時間をかけてリノベーションしたカフェです。

アンティークカフェロードは、その名の通りカフェ以外にも、アンティークが沢山展示や販売されており、昭和レトロな物が沢山あります。昔の家電だったり、家具などありアンティーク好きにはたまらない空間となっています。

カフェのメニューも、オリジナルスパイスを使った鶏ひき肉カレーやチーズケーキ、おしるこなど手作りフードがあります。

驚いたことに、山奥の秘境カフェにもかかわらず、かなりの集客があると言うことです。口コミやSNSなど評判が広まったのですかね。

口コミといえば最近は、ネスレのネスカフェドルチェグストというコーヒーマシーンが評判ですね。

やっぱりカフェと同じで、いい商品も口コミで自然と広がるんだなと感じます。

とまぁ話を戻しますが、カフェを注文してしばらくくつろいだ後は、展示されているアンティークを見るために店内を一通り回ってみるのもおすすめです。

中には掘り出し物のアンティークがあるかもしれませんよ。インスタ映えする写真が沢山撮れる場所だと思います。店内には、昔のスクーターや、私が行った時には、昔のハーレーダビッドソンが展示されておりました。

また店外には、昔のマツダの車や昔のフィアット、ブリキの看板が展示されておりました。その場所だけ昭和初期の頃にタイムスリップしたような感じでした。

違う見方をすると、DIY好きな人でもアンティークカフェロードで創作のヒントが得られるかもしれないです。私は何度もアンティークカフェロードに通っていまして、かなりのリピーターになりました。

アンティークカフェロードの営業日は、水曜日から日曜日、11時?17時までの営業時間とのことです。公共の交通機関ではちょっと難しいかもしれません。

だからといって、車もミニバンクラスだとちょっと運転が難しいかもしれません。アンティーク好きの方は是非とも行ってみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です