近所の行きつけの喫茶店?夫婦経営?

私が足繁く通う個人経営のカフェ・・と言いますか、岐阜の昔ながらの田舎の喫茶店です。
消費税増税の波にも流されない(お客様ファースト)のお店の紹介
東海地区というより・愛知・岐阜の喫茶文化のモーニングセット
コーヒー1杯の料金にパンやゆで卵に茶碗蒸しにサラダにデザートがついて
しつこいようですが350円でついてきます。
しかも、私が通う喫茶店はA・B・Cと三種類
Aの中でも三種パンが選べて、Cに関してはおにぎりに味噌汁にサラダがついてきて
プラス30円や50円で、おにぎりの追加、茶碗蒸しの追加ができて
農家の方や出勤前のサラリーマンやパートに行く奥様方の朝ごはん代わりになってしまうくらいの
良心的な金額と中身、Cセットは限定30食ですが有り難いメニューです。
昨今では普通かもしれませんが(1日中モーニング)
開店8年目のこの喫茶店は開業当時からこの(1日中モーニング)をやり続けているんです。
モーニングセット A・B・Cは午前と午後で少し違いますが
AセットがバタートーストのみCセットのおにぎりがホットロールの変わるだけでサービス自体には代わりありません。
また、ランチはAランチ(焼きそばとご飯)にコーヒー又紅茶がついて・・ワンコインの500円
平日のみのBランチは日替わりランチとなっていて、私の知る限り日替わりランチのメインが3週間被らないという
ランチを作るママの凄さには脱帽です・・
常連の私だから知り得たことですが、ランチはもちろんモーニングのセットにつくものすべて・・手作りなんです
サラダもゼリーも茶碗蒸しも、この店で提供される食べ物には一切のインスタント食品はないんです。
安いし早いしうまいし手が込んでるし・・・・文句の付けようがない
話は少し変わりますが、お店自体の立地ですがお世辞にも良い立地ではありません。
大通りから一本入ってるは、民家・アパート・挙げ句は墓地まであって
一応、通りには看板が出てはいるんですが入る道が狭いはわかりにくいわで
慣れるまで最低6回は通り過ぎます笑
これも隠れ家感覚としては乙ではないでしょうか。
内部事情を知らなくまだ通う頻度が浅い頃、ママに「ママこんな立地の喫茶店は利益なくてやってけんやろ?」と聞いたら
ママが「バカやな、利益なくてやってけなかったらパートさん3人も雇えるわけがないやろ!!」と怒られたことを思い出します。
今となっては笑い話ですし、時々忙しくなるとピンチヒッター的にお手伝いするくらいの仲で
マスターとは仕事終わり酒を酌み交わす仲となれて、これだから夫婦経営、個人経営の喫茶店は大好きでたまらないのです!!

まだまだ話はたくさんありますがとりあえずここまでとさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です